プロが教える壁紙を長く使用する為の心得!

( 知っていると張替えのサイクルを大幅に伸ばせます!)

 通常壁紙の寿命は5~10年と寿命が長いですが、時に短期間での張替えを必要とする場合があります。その例として多いのは、タバコを吸う事によって黄ばむ、台所等の汚れの付きやすい場所である、小さなお子様やペットがいる為に傷や汚れが酷い等です。最近では、壁紙にも多機能な高付加価値商品がでており、汚れがさっとふける(それこそ、マジックでの落書きも消せます!)スーパー汚れ防止機能付壁紙や、ペット用壁紙としてスーパー耐久性クロス、他にもマイナスイオンクロス、光触媒クロス等があります。)

 こういった機能性壁紙を選んで張り替えると当然張替えサイクルが伸びます。商品にも色々な機能のある事を覚えておいて、いざ張替えるとなった時にプロに「機能付のクロス」にどういったものがあるか相談するのも賢い方法です。
(この際に、必ず張り替えた壁紙を2~3mずつ余分をもらって保管しておいてください。詳細は後ほど②にて説明します。)

 しかし、既に張ってある壁紙が築浅であったり張替えをして間もない場合は当然張り替えるとお金と荷物を移動したり等の手間が掛かってしまいます。しかも、建売りやマンションの場合は量産タイプの壁紙が使用されていて、汚れや傷が着きやすい場合が多いです。そんな時は、次のメンテナンス方法で張替えサイクルを長くしてください。

① 汚れはすぐ拭く!

基本的に今の壁紙はビニール系になり付いたばかりの汚れは取れることが多いです。水拭きで取れない場合は、台所にある中性洗剤で拭きましょう!

②  傷や取れない汚れはパッチ(部分張替え)でキレイに!

これは少しだけ技術がいりますが、効果てき面です。小さな傷がある場合はそれより少しだけ大きな四角形の形で壁紙を張り替えてしまう方法です。プロが行っている方法です!この際に、既存の壁紙が少し必要となります!パッチのやり方に関しては、改めて紹介させていただきます。

③  壁紙の継ぎ目や天井と壁の取り合いの補修!

  上記の様な場合は、ホームセンター等で売っているボンドコーク(1本400~500円程度)というコーキング材を埋めることによって補修してください!この時の注意点は出来るだけボンドコークの尖がっている先端の部分を斜めに出来るだけ小さく切り落とす事です。そうすれば、細くコーキングが打てるので仕上がりがキレイです。